しみ そばかす 違い

混同しがちな「シミ」と「そばかす」の違い

シミとそばかすは一見すると同じもののようにも見えますが、この2つには明確な違いが挙げられます。

 

まずシミが引き起こされる原因としては、ニキビが炎症を起こしてニキビ跡になることで引き起こされたり、紫外線を浴び過ぎることでダメージが蓄積されたり、また加齢も原因の一つとしてあげられます。

 

シミはそのほとんどが後天的なものが原因と言えるでしょう。

 

加齢によって引き起こされる老人性色素斑、ニキビ跡などの皮膚の炎症によって引き起こされる炎症後色素沈着、ホルモンバランスが乱れることによって引き起こされる肝斑など、これらは全てシミにあたります。

 

後天的なものが原因となっているシミとは反対にそばかすはほとんどが遺伝性のものであると言われています。

 

そばかす 遺伝

 

そばかすは通称であり、正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれています。そばかすはひとつひとつがシミよりも小さく斑点状で、鼻や頬のまわりにできやすいという特徴があります。

 

顔にあらわれるものと思われがちですが、肩や背中など、顔以外の体中の部位にあらわれることもあります。

 

そばかすは紫外線を浴びると濃くなるものもありますが、これは後天的なシミが増えていることが原因だと考えられています。

 

このようにシミとそばかすには明確な違いがあるものの、どちらもメラニンが大きくかかわっているという点は共通しているため、解決させるための具体的な対策としては、シミもそばかすもある部分では共通であるといえるでしょう。

 

そばかすは遺伝性のものなので自分で対策を行うことはできないと思われがちですが、メラニンの排出と抑制をケアするそばかす専用のクリームを使うことで、そばかすを消す効果が期待できます。

 

また、そばかすを消すためには、外部からのケアと同時に体内からのケアとしてビタミンCなどのサプリメントを取り入れることもおすすめです。

 

そばかすを消すにはシミ同様に継続してケアを行うことが重要であるといえるでしょう。

 

 

TOPページ⇒「【結果つき】そばかすを消すクリームでコンシーラーほぼ卒業(嬉♪)」へ戻る

page top